マッチングアプリで会うまでの期間と流れ!会えない原因と対策法

マッチングアプリで会うまでの期間と流れ!会えない原因と対策法

マッチングアプリでメッセージのやり取りができても、会うまでどれくらいの期間をかけるか、会うまでの流れはどうするのがベストか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

せっかくマッチングができても、出会えなければ意味がないですよね。実際にデートするためには、いくつか重要なポイントがあります。

そこで今回は、マッチングアプリで出会うまでの期間や流れに関して詳しく解説をしていきます。マッチングアプリで会うまで苦戦している人は、ぜひ読んでみてください。

※この記事はアフィリエイトを含みますが、公平・中立な立場で制作しております。

 

 

マッチングアプリでやり取りして会うまでの期間

まずはマッチングアプリでやり取りして会うまでの期間から解説をしていきます。それぞれ考え方やスタイルは異なりますが、アンケート結果から一般的な意見まとめました。多数派の感覚を知っておくのが重要です。

一般的には1~2週間

株式会社クリプタルがマッチングアプリを利用している18~69歳(男性100名・女性205名)を対象にアンケートを取ったところ、「マッチングしてからデートをするまでの日数」は、男性が1週間が多数派で、女性が僅差ですが2週間が最多となりました。

大まかにまとめると、1~2週間の人が大半で、次に多いのが1ヶ月程度です。これが早いと感じるかどうかは、人それぞれです。ただマッチングアプリなので、自分と同じ感覚の人同士でマッチングできるのがベストでしょう。もしくは、なるべく相手に合わせられると多くの人と交流しやすくなります。

引用:3割以上が失敗の経験あり!?マッチングアプリでの初回デートに関するアンケート

相手によってはすぐ会う方が良い場合も

マッチングアプリでは、相手によってはすぐ会う方が良い場合もあります。アンケート結果では、マッチングアプリではメッセージができるようになってから1~2週間が多数派ですが、中にはその日や翌日会える人を探している人もいるためです。

また、人気会員のユーザーには1日で数百人以上の人がアプローチをしています。どんなにプロフィールを魅力的に感じられても、すぐに会って信頼関係を構築した人の方が関係は深まります。

アプリによって会う期間の目安を切り替えるのがおすすめ

マッチングしてから会うまでの期間ですが、アプリの種類によって目安を設定し、切り替えることをおすすめします。

Tinder、タップルはなるべく早め。ペアーズはやや慎重に。withはその中間くらいが良いでしょう。ただ、これはあくまで目安で相手によって丁度良いタイミングを見極めるのが重要です。

マッチングアプリで会うまでの流れ

では、実施にマッチングアプリではどうやってデートに行くのかイメージができない人に向けて、流れを解説していきます。

プロフィールを充実させ、気になる人とのマッチングを狙う

まずはプロフィールを充実させて、気になる人とマッチングを狙います。当たり前ですがマッチングが出来なければ会うことはできません。

序盤でマッチングできた人と良い雰囲気になっても、相手の気まぐれで突然返信がなくなるのはよくあることです。そのため、多くの人からいいねを集めるのがマッチングアプリでは重要です。

メッセージで距離を縮める

マッチングができたらメッセージで距離を縮めましょう。マッチングができたからといって、相手がこちらに強い好意を持っているわけではありません。まずは敬語を使って徐々に距離を縮めましょう。

連絡先を交換する

ある程度やり取りを進めたところで、連絡先を交換しましょう。理由は、ある程度人気のあるユーザーはアプリ内でメッセージが埋もれてしまうためです。

ただ、なかには実際に会うまで連絡先を交換しない人もいるためその場合は遠慮しておきましょう。

デートに誘う

やり取りが続いたら、デートに誘いましょう。もしある程度テンポ良くラリーが続いているのであれば、その時点で誘ってしまうことをおすすめします。どんなに盛り上がっていても、積極的に誘うライバルのユーザーがいて先に会われてしまっては、差がついてしまうためです。

誘うのが苦手な人は、食べ物の話題から盛り上げて、「じゃあ一緒に行こう」といった流れを作るのが良いでしょう。

マッチングアプリで会えない原因と対策法

マッチングアプリでは、多くの人が実際に会えないと嘆いています。ここではそんな人に向けて会えない原因と対策方法を解説していきます。会えない原因として最も大きいのは、写真です。

写真を変えることでマッチング数が20倍近く増えるケースはよくあることです。多くの人が、写真の時点でナシ判定されてしまっていることが原因で出会えていません。

写真の質が悪くマッチングしない

冒頭でもお伝えしましたが、マッチングアプリで出会えないほとんどの原因は、写真です。写真が悪いとどんなに自己紹介文を丁寧に書いても読んですらもらえません。ハイスペックで高身長高収入でも、それが伝わることなくスルーされてしまうでしょう。

特に男性は、友人と写真を撮り合う機会が多くありません。自撮りだと無表情だったり、顔がドアップ過ぎて恐怖心を与えてしまったりと会ってみたいと思ってもらえなくなってしまいます。

デートしているところが想像できるような、他撮りの写真を用意するのがマッチングアプリで出会うのに重要です。

最初のメッセージの質が悪く返信がもらえない

マッチングアプリで出会えないのは、最初に送るメッセージが原因の場合があります。アプリで用意されているテンプレ文章や、「はじめまして!」といった一言ではよほど興味を持ってもらえていないとその後が続きません。

1通目では相手に質問をしたり、好意をアピールしたりするのが重要です。特別なユーモアは必要なく、マッチング後なるべくすぐに送るのがポイントです。

2通目以降のメッセージが悪くやり取りが続かない

1通目の返信がもらえていても、2通目以降のメッセージで距離が縮まらなければ出会えません。質問攻めにしたり、追いメッセージを送ってしまうと相手は疲れて余計返信をしなくなります。

毎回疑問分で終わっている人は要注意です。相手の返答に対して自分の考えを伝えたり、あえて相槌のみを返信したりして、負担を減らしましょう。

デートに誘うタイミングを逃している

マッチングアプリで出会えていない人は、デートに誘うタイミングを逃してしまっている可能性があります。

充分に距離が縮まってお互いに良いと思っていても、相手には同じくらいの関係の人が実は何人もいて、その中の1人とデートに行かれて他は自然にフェードアウト……ということは、実はよく起きています。

がっつきすぎはNGですが、できることなら早めに会うことをおすすめします。

デートまでの期間が長すぎる

デートまでの期間が長すぎると話すことがなくなり、やり取りが終了してしまいます。マッチング直後は興味深々だったとしても自然と熱は冷めていくもの。そうなると会う予定自体がなかったことになり、何事もなくブロックされることも。

2週間以上先はリスクが高いと考えておきましょう。相手にもよるが、早ければ早い方が良いです。

オトフィーで撮影して多くのいいねをもらおう

今回は、マッチングアプリで会うまでの期間や流れに関して解説をしました。アプリで会うまでの適切な期間やタイミングを掴むことは重要ですが、特に相手を不快にさせなかったとしても会えないケースはあります。

そのため、マッチングアプリで会うためには多くのいいねを集めるのが重要です。オトフィーであれば撮影後にいいねが一桁から三桁まで増える人も出ています。多くの人とマッチングして、出会いを増やしたい人はオトフィーでの撮影プランを検討してみてください。

編集部おすすめアプリ
①20代から40代まで幅広め! 会員数トップクラスで地方でも使いやすいのは「Pairs(ペアーズ)」(公式ページはこちら)

②気軽に会いやすい! サクサク使えてたくさん会いたいなら「タップル(tapple)」(公式ページはこちら)

③相性重視! 価値観の一致を第一に探すなら「with(ウィズ)」(公式ページはこちら)

④本気の婚活! 男女有料で結婚に本気の人だけと会いたいなら「ゼクシィ縁結び」公式ページはこちら)

男性向けカテゴリの最新記事