マッチングアプリで写真を載せるのが怖い人向け!アプリの安全な使い方を紹介

マッチングアプリで写真を載せるのが怖い人向け!アプリの安全な使い方を紹介

「マッチングアプリを使ってみたいけど、写真を載せるのが怖い」こう考えている人、意外と多くいます。悪用されるのではないか、SNSにさらされるのではないか、ルックスに関してなにかひどいことを言われないか、などリスクがあるのは事実です。

しかし、現在非常に多くの人が顔写真を載せてマッチングアプリを使用しています。比較の対象がいる以上、顔写真なしで出会うのはかなり難しいでしょう。

そこで今回は、マッチングアプリに顔写真を載せるのが怖い人向けの対策から、写真を載せないデメリットまで解説していきます。

写真を載せるのが怖いという人は、ぜひ読んでみてください。ちなみに出張撮影サービスのオトフィーでは、絶対に身バレを避けたいという方の撮影も対応しています。気になった方はぜひ利用を検討してみてください。

マッチングアプリで写真を載せるのが怖いのはなぜ?

まずはあらためて、マッチングアプリで写真を載せるのが怖いと感じてしまう理由を整理してみましょう。多くの人は、悪用されたり、そもそもインターネットに顔写真を載せるのが不安に感じているのではないでしょうか。

まず、現在大手のマッチングアプリ(Pairs、タップル、withでAndroidスマホにて調査)では、プロフィールの顔写真の部分をスクリーンショットで撮影できないシステムになっています。そのため簡単にネットにさらすということはできません。

職業柄、どうしても身バレのリスクがあると感じている人もいるでしょう。また、友人や会社の人が利用しているのではないかと不安になり、思い切って写真を載せて使うのに抵抗があるという人も。

そういった人は、各アプリに搭載されているプライベートモードを使うのが良いでしょう。プライベートモードであれば、自分からいいねをした相手にしかプロフィールが見られません。

身バレを恐れている人にピッタリの機能です。

マッチングアプリで写真を載せないことによるデメリット

女の子 悩み顔

マッチングアプリで写真を載せるのが怖いと感じる人は多くいますが、写真を載せずに使う場合はデメリットが多くなります。ここでは写真を載せずに利用するデメリットを紹介します。

身体目的ユーザーと業者ばかりからしかいいねが来ない

マッチングアプリで写真を載せずに使っていても、いいねが付くのは身体目的のユーザーか業者がほとんどです。男性の場合は、業者からしか来なくなってしまうことも珍しくありません。

なぜなら、顔写真を載せて利用している人が大半なので、相手がどんな人でも構わないと考えている人、つまり身体目的の男性からしかアプローチが来ないからです。

結果的にモチベーションを維持しにくく、顔写真を載せずに使った方が嫌な気持ちになる機会が増えてしまうかもしれません。

気になる相手からプロフィールを見てもらえない

顔写真を載せていないと、気になる相手からなかなかプロフィールを見てもらえません。

マッチングアプリユーザーの中には、「顔写真がわからない人にはいいね返しません」「マスク写真しかない方は無視します」などと注意書きをしている人が多くいるためです。

仮に何か事情があって顔写真を公開していない場合、個別に写真を送るため全体に公開はしていないとプロフィールに書いておくのも手ですが、そもそもそれすら見てもらえないでしょう。

マッチングアプリで写真掲載がどうしても怖いときの使い方のポイント

フリー素材 男性 スマホ 親指

マッチングアプリで写真を載せて使うのが怖いという人に向けて、使い方のポイントを解説します。写真を載せない場合は出会える確率が下がってしまいますが、工夫をすることでそれでも出会う方法はあります。

また、記事の前半でも紹介しましたが最も良いのは追加課金で利用できるプライベートモードで顔写真を公開することです。身バレや悪用のリスクを極端に下げたままマッチングアプリを使えます。

自己紹介文をしっかり書く

顔写真を載せずにマッチングアプリを使う場合は、プロフィールにその理由を書いておきましょう。そうすることで相手が納得してくれれば顔がわからなくてもいいねをしてもらえる可能性があります

「後から写真は個別で送る」と追記しておくと、顔写真がなくてもマッチングはしやすいでしょう。ただ、その注意書きすら読まれずに、顔写真がないというだけでいいねをしない層も一定数います。

自分から積極的にいいねを送る

写真を載せない場合は、自分から積極的にいいねを送りましょう。相手から検索経由でいいねをもらう機会が少なかったとしても、いいねからであればプロフィールを読んでもらえる可能性があるためです。

無料でできるいいねの回数や条件はアプリによって異なります。なるべく全て使いきりましょう。

複数のマッチングアプリを使う

顔写真を載せない場合、複数のマッチングアプリを使うことをおすすめします。そうすることで、出会える可能性は高くできるためです。

1枚目に顔写真がない時点で興味が失せてしまうというユーザーも中にはいます。きちんとプロフィールを読んで判断する人は多くはないため、そういった人とマッチングをする可能性を上げるためにもアプリ自体の数を増やしましょう。

雰囲気が分かる写真を載せる

顔写真を載せない場合は、髪型やファッション、体型やスタイルが分かる写真をなるべく多く載せましょう。それらが伝わるだけでも、「気が合いそう」「なんとなく魅力的に見えた」といった理由でいいねは集まりやすくなるためです。

モザイクを使って分からなくしても良いので、フェイスラインがわかる写真があるとより印象が伝わりやすくなります。

オトフィーなら雰囲気が伝わる写真撮影も可能

今回は、マッチングアプリに写真を載せるのが怖い人に向けて写真を載せないデメリットから載せずに使う方法を解説しました。

顔写真を載せない場合は、どうしても真剣な人とのマッチング率は下がります。そのため真面目な出会いを求めている人ほど顔写真の設定をおすすめします。

マッチングアプリ専門の出張撮影サービス「オトフィー」であれば、身バレに配慮した写真撮影も可能です。写真を載せるのが怖いという人は、ぜひ相談してください。

オトフィー公式ページはこちら

男性向けカテゴリの最新記事